925hpa(2020年9月)はどのくらい?今から備えるべきことは?

天気
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年の夏は台風が驚くほど来ず、心配していました。

ここ数年、毎年どこかの地域が被災してしまい、
本当に辛いですよね。

そして、9月に入り台風が来たと思ったらかなり猛烈な台風で、

これが上陸すると大変なことになりそうです。

その台風は925hpa(ヘクトパスカル)で、風速も80m/sと言われていますが、
イマイチ感覚がつかめない方もいるのではないでしょうか?

そこで、今回は925hpa(ヘクトパスカル)や風速80m/sがどのくらいなのか大調査してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. 風速80m/sってどのくらい?
    1. 風速30メートル
    2. 風速80メートル
  2. 925hpa(ヘクトパスカル)はどのくらい?
    1. 伊勢湾台風とは?
  3. 台風発生前の行動チェックリスト
    1. □ハザードマップ上に自宅の位置を記す
    2. □避難所へ避難か、自宅で避難かを決定し、同居者と共有する
    3. □避難所と経路を同居者と歩いて確認
    4. □非常用品とリュックサックを用意する
  4. 台風接近3~5日前の行動チェックリスト
    1. □雨樋、側溝、排水溝を掃除
    2. □屋根、塀、壁、窓などの点検と補強
    3. □庭やベランダに飛んだり、倒れたりするものがないか確認
    4. □近所の人とのコミュニケーション
    5. □情報を確認する
  5. 台風接近2、3日前の行動チェックリスト
    1. □家電を高所や2階に移動するなど浸水対策をする
    2. □断水に備えてポリタンクなどに水道水を確保する
    3. □浴槽に水を張るなどしてトイレなどの生活用水を確保する
    4. □非常用品をもう一度確認する。避難所にいく場合、リュックサックに入れる
    5. □情報を確認する
    6. □携帯、スマホのフル充電を心がける
  6. 台風接近・避難時の行動チェックリスト
    1. □台風、河川の増水、避難所の情報を確認する
    2. □ガスの元栓を閉める、電気のブレーカーを落とす
    3. □戸締りを確認する
    4. □あらかじめ用意しておいた非常用品入りのリュックサックをもつ
    5. □脱げない靴、作業靴、紐履などの紐をギュッと結んで、中に泥が入らないようにする
    6. □足元を確認するために杖をもつ
    7. □近所の人に声がけする
  7. 台風通過中の行動チェックリスト
    1. □情報を確認する
    2. □外出しない。車で移動中に亡くなるケースが多い
    3. □水のあるところに行かない
    4. □低いところに行かない
    5. □山や丘を切り開いて作られた造形地、河川が山地から平野や盆地に移る扇状地に行かない
  8. 台風通過後の行動チェックリスト
    1. □情報を確認する
    2. □土砂災害に注意する
    3. □復旧作業で必要なもの
  9. まとめ

風速80m/sってどのくらい?

【台風10号情報】台風は猛発達し中心気圧が925hPaまで低下。発達を続け、最大瞬間風速80m/sの猛烈な勢力で南大東島付近を通過する予想です。九州に接近時も勢力はあまり衰えず、経験したことのない暴風や高潮など、甚大な被害発生のを想定して早めの備えをしてください。

引用元:ウェザーニュース

このような発表がありました。
最大瞬間風速が80m/sとのことですが、
具体的にどのようなものなのでしょうか。

風速30メートル

  • 人は歩けるけれど、傘をさしている意味がないくらいの風の威力。
  • ベビーカーだけだと飛ばされる勢い。
  • 自転車だと、まっすぐ進みづらく、危険。

風速80メートル

  • ベビーカーは飛ばされる。大人が踏ん張ってもベビーカーと一緒に引きずられ、立っているのも不可能。
  • 傘は骨組みが折れて、持っている意味はなし。傘と一緒に引きずられる。
  • 自転車は絶対乗れない。とても危険。風圧で自転車ごと引きずられる。

風速80メートルはとてもじゃないけど、人が歩けるようなものではありません。
何か物を持っていると、それと一緒にあおられ、引きずられます。
力のある大人ですら立つことも不可能だと思います。

 

2015年8月23日の台風15号が通過した時の最大瞬間風速で71m/sでした。

風や雨で前は見えず、駐車している車が大きく揺れるような威力だったようです。
台風15号が通過後には信号機が倒壊するなどの被害が相次いだそうです。

今回(2020年9月)に上陸する台風10号はそれ以上ということは、
とても大変なことになることがわかったのではないでしょうか。

925hpa(ヘクトパスカル)はどのくらい?

今回の台風10号は過去の「伊勢湾台風」を上回ると予想されています。

伊勢湾台風とは?

1959年(昭和34年)9月に上陸した台風で、紀伊半島から東海地方を中心に甚大な被害をもたらした台風です。

愛知県・三重県が特に被害が大きく、
死者・行方不明者の数は5000人を超え、明治以降の日本で災害史上最悪と言われている台風です。

この伊勢湾台風で929ヘクトパスカル。
もし今回925ヘクトパスカルで上陸するなら、伊勢湾台風よりも大きいと言えます。

 

台風発生前の行動チェックリスト

□ハザードマップ上に自宅の位置を記す

ハザードマップは随時更新されているので最新版を確認。2015年に水防法が改正され、「50年から100年に一度の大雨を想定した浸水場所」が、1000年に一度の大雨を想定した浸水場所」に変わった。

□避難所へ避難か、自宅で避難かを決定し、同居者と共有する

ハザードマップ上の自宅の位置に色が塗られていたら避難所、色が塗られていなければ自宅で避難が基本だが、以下の2点を検討する。

1)色が塗られていなくても周囲に比べて土地の低い場所、崖の側に住んでいる場合→避難所へ

 2)色が塗られていても、以下の3つの条件が揃っている場合→自宅で避難

 a)洪水による家屋倒壊、崩落の恐れがない

 b)浸水深度より高い場所に住んでいる(高層階など)

 c)浸水しても水、食料の備え、トイレや排水など衛生環境の確保ができる

□避難所と経路を同居者と歩いて確認

 ・自治体のHPで近隣の避難所を確認(新型コロナの感染防止対策で避難所が増えている可能性がある)。

 ・同居者といっしょに避難所まで歩く(ハザードマップを持参し、道中に低い場所、崩れやすい場所がないか確認する。もしあれば実際に避難するときに、水や土砂で塞がれている可能性があるから、別の避難所、避難経路を見つける)

 ・避難にかかる時間を測定する。この時間によって警戒レベル2、3、4のいずれで避難するかを決める

□非常用品とリュックサックを用意する

 ※自宅避難か避難所へ行くかで分量は変わる。

 ・マスク、消毒液、体温計(新型コロナの感染防止対策として持参することが求められている)

 ・防水機能のある懐中電灯(夜間に自分の居場所を知らせることもできる。胸ポケットにさせるタイプ、ヘッドライトだと両手があくので便利)

 ・予備電池(スマホ用のモバイルバッテリー)

 ・着替え

 ・タオル

 ・マッチやライター

 ・救急薬品

 ・携帯ラジオ

 ・貴重品(公衆電話に使える10円玉も)

 ・非常用食料と水(飲料水、乾パンやクラッカー、レトルト食品、缶詰、粉ミルク、哺乳ビン、ナイフ、缶切りなど)

 ・ボンベ式コンロ(自宅避難の場合)

 ・簡易トイレ、携帯トイレ(自宅避難の場合)

 ・油性の太マジック(被災後、壁などに連絡先やメッセージを書いたり、自分の所有物に名前を書く)

 ・丈夫な靴(底がしっかりしていて脱げにくいもの)

 ・軍手

 ・使い捨てカイロ

 ・紙おむつ

 ・生理用品

 ・厚手のごみ袋 など

 ・杖(避難時に足元を確認する)

 ・復旧作業用のマスク(土砂災害が起きたのち乾燥してくると埃が出る。ゴーグルもあれば便利)

台風接近3~5日前の行動チェックリスト

□雨樋、側溝、排水溝を掃除

つまっていると洪水の原因になる

□屋根、塀、壁、窓などの点検と補強

□庭やベランダに飛んだり、倒れたりするものがないか確認

 ・庭木に支柱を立てる

 ・強風で飛ばされる可能性のあるものはしまうか固定 (傘立て、傘、物干し、植木鉢、プランター、ガーデニングの道具など)

□近所の人とのコミュニケーション

台風が接近していること、自分の避難計画、避難所のことなどを情報共有する

□情報を確認する

台風の経路や移動速度は変わる可能性がある

台風接近2、3日前の行動チェックリスト

□家電を高所や2階に移動するなど浸水対策をする

□断水に備えてポリタンクなどに水道水を確保する

□浴槽に水を張るなどしてトイレなどの生活用水を確保する

小さな子どものいる家庭では常に蓋をするなど十分に注意する

注)停電すると送水ポンプが動かなくなって断水することもある。マンションなど貯水槽水道を利用している場所では、停電後も屋上などに設置された貯水槽に水があるうちは問題ない。しかし、ポンプが止まっているため水がくみ上げられず、やがて断水する。

□非常用品をもう一度確認する。避難所にいく場合、リュックサックに入れる

□情報を確認する

台風の経路や移動速度は変わる可能性がある

□携帯、スマホのフル充電を心がける

台風接近・避難時の行動チェックリスト

□台風、河川の増水、避難所の情報を確認する

内閣府・消防庁の「避難行動判定フロー」によると、避難に時間がかかる場合は「警戒レベル3」で、時間がかからない場合は「警戒レベル4」で避難することとしているが、想定浸水地域が広域に渡る場合には、避難場所・避難所が遠くになる可能性があり、より早めの避難が必要になる(事前に自宅から避難所までの移動シミュレーションをしておくことが重要だ。

□ガスの元栓を閉める、電気のブレーカーを落とす

□戸締りを確認する

□あらかじめ用意しておいた非常用品入りのリュックサックをもつ

□脱げない靴、作業靴、紐履などの紐をギュッと結んで、中に泥が入らないようにする

水かさが増しているときは長靴やサンダル履きだと、最初の一歩で土砂に埋まり、脱げてしまうケースがある。すると裸足で歩くことになり、地面にガラス や鉄筋があると危険。

□足元を確認するために杖をもつ

□近所の人に声がけする

台風通過中の行動チェックリスト

□情報を確認する

□外出しない。車で移動中に亡くなるケースが多い

□水のあるところに行かない

田んぼ、用水路、河川、海岸。気になっても我慢する。亡くなるケースが多い

□低いところに行かない

低地、地下街、アンダーパスなど

□山や丘を切り開いて作られた造形地、河川が山地から平野や盆地に移る扇状地に行かない

台風通過後の行動チェックリスト

□情報を確認する

雨が止んで上流から水がきて増水するケースがある。しばらくは自宅や避難所にとどまる。

□土砂災害に注意する

地盤が緩んでいるので十分に注意。少しの雨でも崩れることがある。

□復旧作業で必要なもの

 ・マスク(天気が回復してくると埃が舞う。粉塵よけ)

 ・ゴーグル(天気が回復してくると埃が舞う。粉塵よけ)

 ・軍手(ゴム製がよい)

 ・カッターナイフ、ドライバー

 ・厚手で大きめのゴミ袋(ものを入れて運ぶのに便利)

 ・油性の太マジック(流された所有物に名前を書く、連絡を取り合うなど)

 ・長靴やサンダルはぬげると足裏を負傷する恐れがあるので、作業靴か底のしっかりした靴がよい

引用元:台風の接近状況に応じた行動チェックリスト

まとめ

今回の台風はかなり強いものになりそうです。
まず一番に命を守る行動をとりましょう。

出来ればそれてくれることを期待するんですが・・・。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
天気
SALAをフォローする
Remix note

コメント

タイトルとURLをコピーしました