出川哲朗が解雇!マリエの枕営業告発内容が衝撃!命の危険も?

人物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

衝撃的な告発がありました。

過去にハーフタレントとして活躍していたマリエさんが島田紳助さんから枕営業を持ち掛けられていたというのです。

その枕告発内容は芸能界の闇を暴露するものだったのです。

この枕告発で出川哲郎さんのイメージダウンは避けられないかと思います。

今回まとめたのはこちらです。

  • 出川哲郎は解雇?
  • マリエの枕営業告発の内容
  • マリエの事務所がヤバイ!過去の騒動
  • マリエの今後が心配?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

出川哲郎は解雇?

マリエさんが告発した内容はかなり衝撃的で、
まさに芸能界の闇を明るみにしたという内容でした。

その中で特に許せないと言われていたのが、
やるせなすさんと出川哲郎さん。

やるせなすさんはあまりテレビでは見なくなったのですが、
出川哲郎さんに関してイッテQ効果もあり、
かなり人気ですよね。

テレビにはかなり必要な人物ではないでしょうか。

今回のマリエさんの告発によると、
枕営業を強要されているにも関わらず、
それを勧めていたというのです。

この告発の信ぴょう性はかなり高く、
今の時代なら間違いなく解雇案件です。

出川哲郎さんは解雇されてしまうのでしょうか?

私の予想では、
解雇されないと思います。

なぜなら、この枕営業の告発が表に出ることはまずないと思うからです。
マリエさんの事務所や、
関わっていた人達の圧力で地上波のテレビのニュースには絶対ならないと思います。

今回のマリエさんの告発で、
芸能界の闇の部分は根深く、
芸能事務所、制作会社、そしてお御所タレントに至るまでがズブズブの関係ということがよくわかりました。

出川哲郎さんはマセキ芸能者を背負って立つ看板タレントです。
かたやマリエさんは芸能界でいうと過去の人。

下手したら本当にマリエさんを潰しにかかるかもしれません。

マリエの枕営業告発の内容は?

マリエさんの告発はかなり信ぴょう性があると思います。
なぜなら以前から枕営業があることは噂になっていたからです。

今回マリエさんの枕営業を持ち掛けた人物として挙げられたのは、

島田紳助さん。

島田紳助さんが芸能界を引退されたのは、
暴力団との付き合いがあったことが発覚したからですよね。

この告発を見ると、もしかしてそれだけではなく、
枕営業を率先してやっていたことも関係するのではないかと思うのです。

ではその衝撃的内容をまとめましたのでご覧ください。

枕営業に誘われたきっかけ

起こったのはマリエさんが18歳の時なので、
今から15年ほど前です。

当時マリエさんはかなりの多忙だったため、
共演する島田紳助さんの元にテレビ番組収録前の楽屋挨拶に行けなかったときがあったそうです。

すると、島田紳助さんから「お前だけ挨拶に来なかったから◯日に◯◯に来い」と場所と時間を指定され呼び出されたことがきっかけだったそうです。

逃げられない状況に

指定の場所に行ったところ、アーチ状のソファーがある部屋に通され、
中央に島田紳助さん、周りには出川哲朗さんや、やるせなすさん、ほかにもグラドルやアイドルが座っていたそうです。

皆に囲まれた状態で、島田紳助から
「俺と愛のない快楽だけの〇ックスをしよう。
俺には極上の快楽をもたらすテクニックがある」と言われたそうです。

マリエはもちろん断りました。
すると周りにいた出川哲郎さんややるせなすさんから
「マリエちゃん、ヤㇼなよ」と言われたそうです。

ずっと断り続けていると、
島田紳助さんがどこかに電話をかけだしました。
そこへ後輩の取り巻き芸人らが部屋に入ってくる。
電話をかけていたのは後輩芸人達で、呼び出しの電話でした。

後輩芸人達は、島田紳助さんがどうやって女性を逝かせるか、
コントの様に説明します。

それでもマリエさんは断り続け、
遂には島田紳助さんに〇ックスする日と場所を指定され解放されました。

事務所は島田紳助の味方

マリエさんは所属事務所のレプロに、
島田紳助さんから枕営業を強要されて半拘束されていた事を相談します。
島田紳助さんと仕事をしたくないと伝えます。

ところが事務所から衝撃的な言葉が返ってきます。
マリエさんはこの言葉を絶対に忘れないとおっしゃっていました。

「断ると仕事がなくなるけど、それでも本当にいい?」

マリエさんは「それでいい」ときっぱりと答えました。

その後もおかしいことに、
〇ックスをしないことを謝りに行ったそうなんです。

島田紳助さんにではなく、
島田紳助さんとツーツーの間柄の制作会社です。

その後、マリエさんが当時出演していた番組「世界バリバリバリュー」
「クイズヘキサゴン」から降板させられました。

守ってくれた人

助けるどころか、
むしろ枕営業を斡旋していたのは出川哲郎さんとやるせなすさんでした。

ですが、幸い守ってくれた方もいらっしゃったそうです。

それがタモリさんと爆笑問題のお二人や笑っていいともに出演していたメンバー

当時の島田紳助さんに異論を唱えることができるのは、
芸能界で長くキャリアを積んでいる方しか無理だったと思います。

ヘキサゴンメンバーは島田紳助と関係がある噂?

以前から島田紳助さんは枕営業をしているという噂はありましたよね。
マリエさんは知らないとおっしゃっていましたが、
ヘキサゴンに出演していたメンバーも島田紳助と関係を持っているのでは?
と、言われていました。

ですが、実はヘキサゴンメンバーもそれを知っていたので、
自分を守る防衛線を張っていたそうです。

それが、「あえて交際している人の相談をする」というもの。

里田まいさんは田中将大さんとのことを、
スザンヌさんは斉藤和巳さんとのことを、
木下優樹菜さんはFUJIWARAの藤本さんとのことをそれぞれ相談し、
自らを守ったそうです。

でも、他のヘキサゴンメンバーで怪しいのは、
熊田曜子さん。

熊田曜子さんは島田紳助さんと密会を報道されるなど、
怪しさ満点ですね。

マリエの事務所がヤバい!過去の騒動

マリエさんの事務所はレプロエンタテインメント。

大手の事務所なので聞いたことがあるのではないでしょうか。
いろいろ騒動もありましたよね。

例えば、能年玲奈(現在:のん)さんです。
とにかくのんさんはレプロを辞めたがっていて、
揉めた原因は給料でした。

世間で思われている金額程もらえないのに、
拘束も厳しい。
一方的な指揮命令関係だとして長く揉めていました。

結局本名の能年玲奈での活動もできず、
のんという名前で活動せざるを得なくなりました。

画像引用元:映画.com

他にも清水富美加さん(千眼美子)ももいますね。
出家騒動でワイドショーを賑わせました。

強気な理由は、
レプロの秘密を握っていて、
それを教団側に情報を流しているからとの情報もあります。

画像引用元:映画.com

実はレプロの問題児としてマリエさんが挙げられていました。
マリエさんの他には吉川ひなのさんも。

どちらも素行不良で事務所も手を焼いていたといわれていますが、
今回の枕営業の告発を見ると、
しっかりと自分を主張し、枕営業も断った人物が疎まれていたという可能性もありますよね。

大手だけど、ヤバそうな事務所であることは間違いないと思います。

マリエの今後が心配!

マリエさんはインスタライブの中でこのように言われています。

「こんなに全部話しちゃって、紳助さんの団体に明日私は殺されるかもしれない。もし殺されたら皆は証言してね。」

殺されるというワードが出てきてしまうほど、
島田紳助さんはヤバい人物なのかもしれません。

暴力団関係以外にもヤバいことがあるのかもしれません。

現在マリエさんはレプロに所属していますが、
このインスタライブの噂が事務所に入ることは間違いありませんよね。

そうなったらおそらくレプロにはいられないか、
ひどければ徹底的に排除することも考えられます。

それか、もしかしたら先手を打っていて、
他の事務所に移籍するなどの助けを求めているかもしれません。

タモリさんや爆笑問題さんがかばったのであれば、
田辺エージェンシーやタイタンはマリエさんを守ってくれるかもしれませんね。

まとめ

  • 出川哲郎は解雇?
  • マリエの枕営業告発の内容
  • マリエの事務所がヤバイ!過去の騒動
  • マリエの今後が心配?

出川哲郎さんが解雇になることはまずないと思います。
もしかしたら解雇になるのはマリエさんの方かもしれません。

出川哲郎さんも島田紳助さんに異を唱えたなら、
自分自身の身も危うくなるので、
それができなかったことは予想できますが、
かなりイメージダウンです。

芸能界の闇は深く、
事務所や番組制作会社や大御所タレントの癒着はひどく、
枕営業も日常的に行われていたことがわかります。

マリエさんは、
「今でも枕営業を強要されて仕方なく応じている子がいると思うから救いたい」と涙ながらに訴えていました。

こんなことが許される時代ではありません。
女性蔑視も甚だしいです。

マリエさんや枕営業を強要されて苦しむ女性は報われますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
SALAをフォローする
Remix note

コメント

タイトルとURLをコピーしました