人物 PR

稲葉愛香の卒業後は何するのか今後の活動は?芸能界引退の噂も?

当ページのリンクには広告が含まれています。

2022年5月30日に行われた日本武道館のコンサートでアイドルグループ「Jucie=Jucie」とハロー!プロジェクトを卒業した稲葉愛香さん。

「卒業後はどうするんだろう?」
「芸能界引退するの?」

稲葉愛香さんの今後を心配する声が目立ちますね。

果たしてその真相はいかに!?
今回はこちらについてまとめてみました。

  • 稲葉愛香の卒業後は何するのか今後の活動は?
  • 稲葉愛香の卒業後は芸能界引退の噂も?

 

稲葉愛香の卒業後は何するのか今後の活動は?

「Jucie=Jucie」では、サブリーダーを務めていた稲葉愛香さん。

メンバーからの信頼もあり、
ファンはもちろん、グループ内や後輩からもとても愛されていましたね。

本人曰く、卒業を決めたのは今が自分の人生のターニングポイントだと考えたようで、

「自分はどんな人間でいたいか、どんな挑戦をするか考えた際に、次のステップへ進みたい」

とYOUTUBEのH!P talkchannelで話しています。

そこで、具体的に何をするかについては明らかになっていませんが、
稲葉愛香さんはファッション、コスメやダンスなど趣味も多いようですので、
卒業後はその趣味に絡んだことをし、
これまでの稲葉愛香さんとは違って新しいジャンルの仕事にもどんどんチャレンジしていくのではないでしょうか。

また、大好きなダンスの勉強ももっとしたいと語っており、
好きなジャンルがHIPHOPということで、
ダンス留学なども考えられますね。

今後の活動は?

ハロー!プロジェクトは、アップフロントの系列ですので、
現在はアップフロント所属となっているようです。

アップフフロントの公式サイトに所属タレントとして掲載されています。

稲葉愛香さんのページをクリックすると、
オフィシャルのインスタグラムへ飛びます。

アップフロントといえば、
ハロー!プロジェクトやモーニング娘の卒業生の方がたくさん所属されています。

後藤真希さん・辻希美さん・道重さゆみさん・矢口真里さんなどが所属しています。

稲葉愛香さんはコスメ・ファッションやダンスなどが趣味と自身で語っており、
YoutubeのH!P talkchanenlでもハロプロメンバーとメイク講座の動画や、
自身ですっぴんからメイクする動画などメイクに関する活動も卒業前から取り組んで
います。

自分の特技に合わせた活動をされるのではないでしょうか。

稲葉愛香の卒業後は芸能界引退の噂も?

芸能界引退の噂が立ったのは、おそらく「Jucie=Jucie」だけでなく、
ハロー!プロジェクトも卒業することや、
「Jucie=Jucie」の元メンバー金澤朋子さんが同時期に引退したということからでしょう。

アップフロント公式サイトにはお知らせとして、
金澤朋子さんの引退の件は記事が上がっていますが、
稲葉愛香さんに関しての引退などお知らせの記事はありません。

情報が錯綜してしまったようですね。

稲葉愛香さんは、ダンスやコスメ・ファッション関係のことに興味があり、
分野だとメディアに露出することが多い分野ですので引退は考えにくいでしょう。

上記で述べたように、
現在アップフロント所属となっていますので今後も芸能界での活躍が期待できますね。

まとめ

  • 稲葉愛香の卒業後は何するのか今後の活動は?
  • 稲葉愛香の卒業後は芸能界引退の噂も?

今回はこちらについてまとめてみました。

  • 「稲葉愛香の卒業後は何するのか」については、本人は女優やモデルなどいった具体的なことは触れていませんが、自分自身の成長のために、趣味・興味のある分野でダンスやファッション、コスメに関することにで幅広く挑戦していきたいとしています。
  • 「今後の活動は?」ですが、「Jucie=Jucie」の卒業だけでなく、ハロー!プロジェクトもですので、今後はアップフロントに所属して芸能活動を続けていくでしょう。詳細についてはアップフロントの公式サイトでもまだ掲載されていません。
  • 「芸能界引退の噂も?」は、稲葉愛香さんが卒業するタイミングで、「Jucie=Jucie」の元メンバーの金澤朋子さんが芸能界引退したこと、稲葉さん自身も所属していたグループだけでなく、ハロー!プロジェクトも卒業したため、“芸能界引退“という噂が立ったと考えられます。

天才肌でありながら謙虚な姿勢で、
自分のことよりもファンやメンバー接するを稲葉愛香さんを見て、
そこが稲葉愛香さんの愛されるポイントなのだと感じました。

ハロー!プロジェクトで沢山の経験を積んだかとは思いますが、
まだまだ自分自身の成長のために色んなことに挑戦していきたいと慣れ親しんだホームを離れた彼女を応援していきたいですね。