未分類

工藤阿須加の農園の場所はどこで見に行ける?収穫した野菜の購入はできるの?

工藤阿須加の農園の場所はどこで見に行ける? 収穫した野菜の購入はできるの?

大人気の若手俳優、工藤阿須加さんが農園を営んでいることはご存じでしたか?
収穫した野菜も購入するチャンスがあるそうです。
とても興味がわいてきますね。

ここでは以下のことについて調査しました

  • 工藤阿須加さんについて
  • 農園の場所はどこか、また見に行くことはできるのか
  • 収穫したものを購入できるか

ぜひチェックしてみてくださいね♪

工藤阿須加はどんな人?

工藤阿須加さんは日本の俳優です。
出身は埼玉県所沢市で、父親は野球選手として有名な工藤公康さんです。

出演作品は「悪の教典」「理想の息子」など、多くの作品に出演しています。
その傍ら、農家としても活動をしています。

俳優と農家の二足のわらじをはいて活躍する中、10月5日夜10時から「工藤阿須加が行く農業始めちゃいました」が放送スタートです。

農業への思いが強い工藤阿須加さんの、今後の活躍に期待ですね!

工藤阿須加さんはなぜ農業をやりたかったのか

農業を初めに志したのは高校生の時

野球選手の息子である工藤阿須加さんは、父からの影響を受けてスポーツへの道へ進まなかったのかと思いますよね。

実は、工藤阿須加さんはテニスプレイヤーを目指していたのですが、肩を故障したため断念しました。

そして高校三年生の時に「奇跡のリンゴ」という本に出会います。

奇跡のリンゴとは、木村秋則さんという農家の方が当時は不可能だといわれていた無農薬のリンゴの栽培を成功させた実話です。

大学生の時に俳優への道を決意

この本を読み、農業への道を志した工藤阿須加さんは東京農業大学へと進学します。

就農の道を真剣に進んでいたものの、当時は俳優になりたいという気持ちが心の片隅にありました。

そして「誰かのきっかけになりたい」と思った工藤阿須加さんは俳優への道へと進むのでした。

「今でこそ若い世代が就農したり、農家さん自身がSNSなどで情報発信したりするようになりましたが、当時はまだ農業は閉ざされた世界という感じがあって。農業や今の日本、世界が抱える食の問題を発信していくためには、それなりの知名度が必要。自分が役者として注目されれば、農業の面でも発信力を持てるのではという思いもありました」

(引用:農業を始めて1年半、俳優・工藤阿須加が体当たりで伝える「農業の今と未来」[FRaU](講談社 JOSEISHI.NET) – Yahoo!ニュース

そして今、工藤阿須加さんは俳優として農業のリアルを発信しています!

これからも活動を続けていただいて、日本全体が農業へ注目してくれるようになるといいですね。

工藤阿須加の農園の場所はどこ?

工藤阿須加さんの農園は、山梨県北杜市高根町にあることが分かりました!

「井上農場」という農場の一画をレンタルして野菜を育てています。
購入するには農家の資格が必要なので、レンタルでこの土地で農業をしているのではないかと推測されます。

年間のレンタル料は5万円で、近くにある家賃5万円のアパートも借りているそうです。
ほかにも種や肥料等のお金もかかるので、軽い気持ちでは農業は始められないですね。

農園の場所を探し求めて、時には北海道まで行ったそうですよ。熱意が伝わります。

なぜ工藤阿須加は農園の場所を山梨県北杜市にしたの?

山梨県北杜市は、日照時間が日本で一番長い地域です。
日照時間は農業において重要なポイントですよね。

また場所も関東地域からは通えなくはない距離でもあるのでこちらを選んだのでしょう。
工藤阿須加さんは仕事のかたわら農園に通っているそうです。

もちろん俳優としての仕事もあるので行けない場合は、弟に協力してもらって草刈りをお願いしているときもあるのです。

家族で協力し合って農業に取り組んでいるのですね。
もちろん、父親の工藤公康さんも協力していますよ。

―俳優業と農業の両立についてご両親、特にお父様の反応は?

ちょっとうらやましいって言っていましたし、「俺も手伝いに行くよ」と言ってくれました。実際、僕が行けなかったとき、畑でいろいろと作業してくれたみたいです。引用元:工藤阿須加が行く農業始めちゃいました | 工藤阿須加が行く 農業始めちゃいました | BS朝日 (bs-asahi.co.jp)

工藤阿須加の農園は見に行ける?

調査したところ、農園に見に行けるという情報は見当たりませんでした。

一般の方が行っている農場なので、あまり頻繁に見に行くことはおすすめできませんね。

収穫した野菜の購入はできるの?

工藤阿須加さんが農園で収穫した野菜は、ビオセボンで販売していました!

ビオセボンとは、イオン系列のスーパーです。
オーガニック野菜をメインに販売しています。

工藤阿須加さんは、ドルチェドリームという品名のとうもろこしを以下の店舗で販売しました。

  • ビオセボン 麻布十番店
  • ビオセボン 恵比寿店
  • ビオセボン 外苑西通り店
  • ビオセボン 四谷三丁目店
  • ビオセボン 自由が丘店

すべて東京の店舗です。
大反響のため一人2点までの購入にしたようですが、すぐに完売してしまいました。

ネットでお取り寄せできないか調査したものの、数に限りがあるため今は行っていないようです。

しかし、工藤阿須加さんは今後さらに収穫していきたいと語っているので、今後はもっと購入できる機会が増えるかと予想されます!


工藤阿須加が行く農業始めちゃいました」でも多くの農家の方と触れ合う様子がうかがえます。
農業への刺激を受けた工藤阿須加さんのさらなる収穫への意気込みに期待です!

まとめ

  • 工藤阿須加は俳優と農家にの二足のわらじで活躍している
  • 農園は山梨県北杜市にある
  • 収穫したものはビオセボンの店頭で購入できる

今後の工藤阿須加さんの農家としての活躍にも期待ですね!