人物 PR

岸信夫の病気は何?杖や車いすを使う理由は?

当ページのリンクには広告が含まれています。

岸信夫首相補佐官が次期衆院選に立候補をせず、引退する意向ということが報じられました。

以前から体調を不安視される声もありましたが、ついに引退ということですね。

杖や車いすを使わなければならない病気とは一体何なのでしょうか?

岸信夫の病気は何で杖や車いすを使う理由は?

岸信夫首相補佐官がついに引退の意向ということですね。
今後は秘書で長男の信千世さんを後継とするようですね。

岸信夫さんは一体何の病気なのでしょうか?
最近体調不良のニュースが多かったですよね。

2021年9月28日に体調不良のため公務すべてを取りやめると発表され心配の声があがりました。
しかし、この時は尿路感染症ということですぐ公務に復帰されました。

この頃から杖や車いすを利用されていて、やはり体調不良が心配されていましたね。
杖や車いすの他にも心配される症状が多々ありました。

  • 声が出ていない
  • 呂律がまわっていない
  • 顔色が悪い
  • 国会答弁でも移動せず特別席へ
  • 杖をついて歩くことから車いすへ

明らかに悪くなっていますよね。

公式発表では股関節周辺の病気を患ったり、足を怪我し調子が悪いなどと具体的には語られていません。

しかし足が悪いことや、声が出ていないという症状から岸信夫さんの病気は何なのか推察すると、
脳梗塞なのではないかと思われます。

脳梗塞の後遺症として、
運動や感覚に障害をきたす麻痺や言語障害、認知機能の低下があげられます。

今の岸信夫さんの状態に近いですよね。
実際のところ何の病気だったのかは発表されていませんが、引退まで決意されるほどなので公式発表されたケガや股関節の病気というのは考えられないですよね。

ネットの反応