サービス PR

遅延証明書(JR)の貰い方や発行までの時間は?何分遅れたら発行される?

当ページのリンクには広告が含まれています。

「電車が遅れてしまって、仕事や学校に間に合わない!」

そんな時に使えるのが遅延証明書。

ですが貰い方を知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか

初めて貰おうとするのであれば、遅延証明書を発行してもらうのに、

どのように言えばいいのか
どのくらいの時間がかかるのか
何分から遅延証明書が発行してもらえるのか

など、不安はいっぱいですね。

そこで今回はJRの遅延証明書の貰い方や発行までの時間などについて調査してみましたよ!

遅延証明書(JR)の貰い方は?

JRの遅延証明書を取得するには、以下の手順に従ってください。

  1. 遅延した列車に乗った駅の窓口に向かい、遅延証明書の発行を依頼します。窓口で書類に必要事項を記入することが必要です。
  2. 遅延証明書に必要な情報としては、列車の種類や号数、出発駅と到着駅、遅延した時間などがあります。
  3. 遅延証明書の発行には、手数料が必要な場合があります。また、窓口で発行できない場合は、電話やインターネットで申請することも可能です。
  4. 遅延証明書が発行されるまでに時間がかかる場合があるので、必要な場合は事前に確認しておくことをお勧めします。
  5. 遅延証明書は、遅延によって生じた料金請求や、会社や学校での証明書の提出などに使用することができます。

以上の手順に従い、JRの遅延証明書を取得することができます。

遅延証明書(JR)を貰うのに何分かかる?

JRの遅延証明書の発行時間は駅や地域によって異なる場合があります。

一般的には、以下のような時間がかかりますが、実際の発行時間は駅の窓口で確認することが重要です。

  • 少ない場合: 数十分程度
  • 通常の場合: 1時間から数時間程度
  • 混雑している場合や繁忙な時期(例: 夏休みや年末年始): 数時間以上かかる場合がある

遅延証明書の発行には、窓口の混雑状況や発行手続きの煩雑さ、必要な書類確認などが影響するため、発行までの時間は一概には言えません。

その場合は、お時間に余裕のある窓口にお越しいただくか、事前に窓口に電話して確認することをおすすめします。

遅延証明書(JR)はなんて言って貰える?

JRの遅延証明書は、「遅延証明書」や「遅延証明書の発行をお願いします」と言って窓口で依頼します。

窓口の担当者が遅延証明書の手続きを行うため、
依頼の際に、遅延した列車の情報(列車の種類や号数、出発駅と到着駅)や遅延した時間なども伝えるとスムーズに手続きが進められます。

遅延証明書の61分以上とはどういう意味?

JRの遅延証明書には、通常、遅延時間が61分以上の場合と30分以上60分未満の場合とで、発行される書類が異なります。

「61分以上」とは、遅延した列車が60分を超えて遅延した場合を指します。

この場合、JRの「遅延証明書(特別車両外乗り換え証明書)」が発行されます。
遅延証明書には遅延した列車の種類や号数、出発駅と到着駅、遅延した時間などが記載されています。

なお、30分以上60分未満の遅延に関しては、JRの「遅延証明書(車両遅延証明書)」が発行されます。記載も可能です。

 

遅延証明書(JR)は何分遅れると発行される?

JRの遅延証明書は、通常の基準として、列車の遅延時間が30分以上発生した場合に発行されます。

つまり、列車が30分以上遅れた場合に、遅延証明書を発行してもらうことができます。

ただし、JRの各駅や地域によっても異なる場合があります。

一部の駅では、より短い遅延時間でも遅延証明書の発行が可能な場合もあります。
また、特定の特急や新幹線など、一部の列車においては、遅延時間の基準が異なる場合もあります。

したがって、遅延証明書の発行基準はJRの運行会社や駅によって異なる可能性があるため、具体的な運行会社や駅のポリシーを確認することが重要です。

遅延が発生した場合は、窓口や案内掲示板などで遅延証明書の発行条件や手順を確認することをおすすめします。

遅延証明書(JR)の貰い方や発行までの時間は?何分遅れたら発行される?:まとめ

JRの遅延証明書は、通常、列車の遅延時間が30分以上発生した場合に発行されます。

ただし、駅や地域によって基準が異なることがあります。
一部の駅では短い遅延時間でも発行が可能な場合もありますし、特定の列車においては基準が異なる場合もあります。

具体的な発行基準はJRの運行会社や駅のポリシーによって決まるため、
遅延が発生した場合は駅の窓口や案内掲示板で確認しましょう。

遅延証明書の発行には一定の時間がかかることもありますので、余裕を持って手続きを行うことが重要です。